PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石見銀山観光 ④

4月13日に行って来た、
石見銀山観光 ①石見銀山観光 ②石見銀山観光 ③
の続きです。


-----------------------------------------------------------


大森代官所跡から元来た道を引き返し、
次は銀山のメイン『龍源寺間歩』まで歩いて行きます。
1104-108.jpg
そうなのです。
ここからは2.3kmの道のりです。

基本的に歩きの方が多いのですが、レンタル自転車屋さんがあったり、
自転車タクシーなんかがあったりするので、
それを利用してビューンと行くのもありだそうです。

レンタル自転車は、普通のと電動のとあるみたいです~。
電動の人たちは楽そうに走ってたなぁ。


まぁ我が家はちゅたんもいるし、お腹空かせるために歩きますよ!
とはいえ、ちゅたんには、
1104-109.jpg
それまでたくさん歩いてたので、ちょっと楽してもらったりしてもらいました。

てか、ちゅりが歩いて私がカートを引いてると、
行く先々で、「あらぁ~ワンちゃんと赤ちゃんもいるの?」って聞かれました。(笑)
その度、「いやこの子の・・・」て言って周りましたが。(*´艸`*)


龍源寺間歩までの道のりは、緩やかですがずっと坂道。
1104-110.jpg
余裕余裕♪なんて思ってましたが、やっぱりキツイです!
私は専ら水中専門なんで、陸に弱いのです。。おほほ。

途中、トイレ休憩を挟み、何度もハァハァしつつ、
1104-111.jpg
やっと到着~!
入口の受付で入場料(大人400円、小人200円)を支払って中に入ります。

ワンコはきちんとリードをしていれば入れます。
道はちゃんと舗装されていて、
一応遺産センターでもカート利用の確認をしたので、カートも大丈夫です。

が、道幅は狭いため、人が多い時は控えた方が良いと思います~。
入口と出口が違うので、
先にある出口の自転車置き場に置かしてもらうといいのかな~?


入る前に間歩の入口で記念撮影~。
1104-112.jpg
ちゅたんちょっぴり不安顔。
後ろから異様な空気が流れてるのかしら~。

それでは中に入って行きます!
1104-113.jpg
中は洞窟みたいになってて、気温もかなり低め。
それまで歩いて汗も掻いてたので、いいクールダウンになりました~。

「おぉ~凄いね~」「これを掘るってどんだけ凄いんだ~」
って、パパと会話しつつ進んでましたが、ちゅたんは終始・・・
1104-114.jpg
緊張顔。(≧m≦*)
なんかいつもと違う雰囲気に圧倒されてる感じでした~。

下に下にと掘られてるので、
1104-115.jpg
出口までは結構急な坂道となっております。

どれぐらいの時間だったかな?
ずっと止まらず進んだら、15分とかそれくらいだと思います。
1104-116.jpg
出口はこんな感じ。
ちゅたん、まだまだお顔は緊張してます。


出口から元来た道に向かう途中、
香り袋屋『中村屋』さんがあり、そこで香り袋を2つ購入~。
1104-117.jpg
ハーブの他にクロモジという香木が入っていて、
香りが薄くなってきたなーって思ったら、袋を叩くと香りが復活するという香り袋。

香木師の店主さんが、丁寧に説明してくださいました。
銀山を掘ってた人たちが、疲れを癒すために嗅いでた香りなんですって~!


あと、またまた帰り道。
ちょっとしたお食事処の店先で売ってた、
1104-118.jpg
銀山サイダーを買って帰りました~。
そのお店でしか売ってないんだそうで、ついつい購入。

家に帰って飲んでみたら、スッキリとした甘さで、炭酸も控えめで、
とっても飲みやすいサイダーでした~♪


こんな感じで龍源寺間歩方面を堪能して、
次なる目的地へ!
1104-119.jpg
確かにお疲れ気味なちゅたん。
でもでも、行ってみたい場所があるのだよ~!

えっとね~、行き先はね~、
1104-120.jpg

次回に続きますッ。

関連記事
スポンサーサイト

| 島根県 | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://churi.blog10.fc2.com/tb.php/604-cd7408b4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。