| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みおの記録 ~保護&看病~

ちゅりママ、ただいま3連休中をまったり過ごしております。

パパは、8月の休みがないんじゃないかという恐怖に怯えつつ、
毎日お仕事頑張ってくれてます。ありがとー!

てか、1ヶ月働きっぱなして・・・そんなのアリなのか?(´Д`;A)



さて。
今日の更新は、久しぶりに みおちゃん の登場。
保護してから、猫風邪が治るまでをまとめてみました。

猫風邪が酷かった間、たくさんの方々に応援してもらって、
元気パワーをもらってた、みおちゃん。

支えてくださったたくさんの方々へのご報告です。
長いですので、お時間のある時にでも・・・。



まずは、保護当日。
保護したのは、2011年6月17日の夕方。

パパが鳴き声を聞き姿を探してみると、隣のアパートの裏で鳴いてたみおを発見。
体重は350gだったかな?
1107-124.jpg
手の平サイズで、モコモコしててかわいかった~。

でも目は半開きで、鼻水じゅるじゅる。
ちおりおの時とは比べ物にならないくらいの猫風邪をひいてました。


6月18日、保護した翌日の写真。
1107-125.jpg
鼻水の出すぎで、鼻の周りも荒れて膿が出てました。


この時はまだそれほどじゃなかったけど、
1107-126.jpg
やっぱり目は少し開きにくそうだったかなぁ。
常にこんな顔してました。


まだ子猫にとっては寒い気温だったみたいで、
1107-127.jpg
私たちに体を密着させて寝ることが多かったです。

基本的には、ちゅりにも私たちにも威嚇することもなく、
すごく自然に打ち解けてくれてました。


時間が経つにつれて、結膜炎の具合が酷くなっていき、
1107-128.jpg
目やにの量も増えていきました。
この頃はまだ病院で目薬もらってなくて、軽く拭いてあげるくらい。


でもグッタリすることもなく、元気はとてもあったので、
オモチャをチラつかせてみたけど、
1107-129.jpg
反応はいまいちでした~。(ノε`*)



保護当初は、まだ家族に迎える気はそんなになくて、
風邪が治ってから皆で考えよう、なんて言ってたんですが・・・毎日お世話してるとダメですね。
1107-130.jpg
ニャンコはこの子で最後の子にしよう、と家族会議で決めて、
我が子として迎え入れることにしました。


この顔見てたら、
1107-131.jpg
離れられなくなるって!


最初に病院に連れて行った時に注射を打ってもらい、
お薬をもらって帰りました。

ご飯を自力で食べないものだから、私たちが口を開いて強制食事をしてました。
目も見え辛い、鼻は匂えない、無理やり口を開けられる・・・
みおにとっては恐怖しかなかったかもなぁ。

・・・でも生きて欲しくて。

「食べないと危ないよ」と先生に言われてたのもあって、
全力で嫌がるみおを押さえながら、必死でご飯をあげてました。この頃。



ちおりお2匹の時から、トイレは3つ買っていたので、
ほとんどを猫部屋で過ごしてた2匹が使ってなかった1Fのトイレを、みお用に。

トイレなんて知ってるのかな・・・。
なんて不安を抱きつつも、トイレに連れて行ったら、
1107-132.jpg
ちゃんと出来たー!
これには感動。その後も何回か失敗しつつも、完璧に覚えてくれました。



保護してから、1週間と2日目の2011年6月26日。
看病してた中で、最も目の具合が悪かった時期です。
1107-133.jpg
この頃には軟膏タイプの目薬をもらっていましたが、それもまた大変で。

目薬をいれるために、目を少し強引に開けるんですが、
開けた途端に膿がピュピュ~と大量に出てくるんです。

きっと、この目のパンパンは膿が溜まってたからでしょうね・・・。
開けた方がいいのは分かりつつも、痛がるもんだから、心が痛かったなぁ。

1107-134.jpg
正直、この頃は左目の癒着が始まってたので、
このまま開かなくなるんじゃないか、目が見えなくなるんじゃないか、
たくさんの不安でいっぱいでした。



そんな不安がありながらも、みおは必死に戦ってくれて。
自力ではご飯を食べれなかったんですが、
1107-135.jpg
少しずつ自分から食べてくれるようになりました。
これが2011年6月28日。

ご飯はちおりおの非常食として置いてある、カントリーロードの缶詰をあげてました。
離乳食にも向いてるということで。



なんか、写真ばかり見てるととっても重症ぽいですが、
お薬の効き目があったのか、目やにと鼻水以外はとっても元気だったんですよ~。
1107-136.jpg
ちゅたんに遊んでもらいたくて、お昼寝の邪魔したり。
目は痛々しくても、元気に走り回る姿を見てるだけで安心出来たものです。



その後も毎日、膿を出しながら目薬をさした結果、やっと、
1107-137.jpg
左目の瞳が見えるまで回復しました。
目が日に日に開いて行くのを見るのが、本当嬉しかった~。

でもまだこの頃は、瞳にモヤ(膜みたいなの)が掛かってて、
ちゃんと目が見えてるのか、キラキラの瞳に戻るのか、まだちょっと不安だったかなぁ。



目よりも先に鼻水が治り、
1107-138.jpg
ご飯も自分でモリモリ食べるように。
ご飯を催促される喜びって・・・こういうことなんだなぁ。


心配してたモヤも日に日に薄くなっていき、
1107-139.jpg
まだ少し小さいけど、キラキラ瞳が見えました。


看病を始めて、約3週間。
もうこの小さな命が消える心配はないだろうと、確信。

その後もどんどん成長して、末っ子らしいお転婆娘になりました。


あのままアパートの裏で迷子になったままだったら、
きっと今、みおは居ないんだろうなぁ。。。

そう考えると、あの日すぐに行動に移したパパに感謝感謝。
助けてくれて、ありがとう。

きっとみおもそう思ってくれてるかな?(*´∀`*)



たくさん応援・パワーを送ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

みおちゃん、元気になりました~!

以上、皆さんへのご報告です!


その後の様子も、次回アップしますね。
まだまだ我が家には問題が山積みだったのです~。(ノω`*)



ランキングに参加しています。
今日はちゅたんの登場は後姿と寝姿のみですが・・・ポチッ☆
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
ありがとうございます~。

スポンサーサイト

| みお | 09:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多分きっと、家族になります。

チビニャンを保護したのは、2011年6月17日の金曜日の夕方。

仕事が終わって、ロッカールームで着替えようとロッカーをあけて、
ふと携帯と見ると、着信1件、メール4件。全部パパから。

始め、「もしかして、ちゅりに何かあった??!!」とか、
いろんなことが一気に駆け巡ったんだけど、
メールあけてみたら、小さな子猫の画像と、「保護しちゃった」の文字。

1106-171.jpg

家の裏の方から子猫の鳴き声が聞こえてきて、
パパが隣のアパートの裏などを見に行ったら、この子がいたんだそう。

伝染病である猫風邪の酷い子猫ちゃん。
体は小さくて、体重は350g。

ま、ちおを保護した時は157gだったから、それに比べるとちょっと気持ち楽だったかな。


実は2日前の水曜日に、温井ダムへと出発して最初の曲がり角を曲がった時に、
口に子猫を咥えたお母さん猫が道路を横切るのを見てしまってて。

我が家の方向から、よく野良猫ちゃんがいるお家の方へと走って行くのを見て、
「あー・・・また生まれたんだー・・・」って、複雑な気持ちになって、出かけたんです。


まさにその母猫&咥えてた子猫の柄と同じ柄のチビニャン。

水曜日にその光景を見て、保護した日は金曜日。
場所も、母猫が運び出してた方。

猫風邪も酷かったから・・・置いていかれたんかなぁ。
・・・分かんないけど。

でも保護当時、1匹でお母さんを探して彷徨ってたのは確かなのです。


とりあえず、猫風邪が酷いからと次の日は病院へ。
注射と目薬などをしてもらい、1週間分のお薬をもらって帰ってきました。


でも・・・
1106-173.jpg
保護当時よりどんどん酷くなる症状。
ご飯も自力では食べれず、毎回私たちが無理やり食べさせてる状態です。


グッタリという程、衰弱はしていないけど、
1106-174.jpg
やっぱりちおの小さい頃と比べると、元気はありません。


そして一番心配なのは、体重が減っていること。

出来る限り食べさせてはいるけど、吐き出したり拒絶したりで、
充分に食べさせてあげれていないのが現状です。

病院でも、「ご飯食べなかったら、厳しいだろうなぁ」って。


でも、そんなんで負けてちゃダメだと、
ご飯を変えてみたり、食べさせ方を変えてみたり。
あと、薬も上手にあげれないから、毎回いろいろと試行錯誤したり。

よく子猫を保護してるとはいえ、
こんなに酷い症状の子は今までも保護したことがなくて、
正直、オロオロしながらお世話してます。



1106-175.jpg

まだ、”安心”とは言えない状態。

昨日よりは今日、今日よりは明日・・・って感じでいい方に向かってると信じてるけど、
ちょっとまだ分からないなぁ。。。


あ、でも。
排泄はちゃんとしてくれるようになったので、その点ではちょっとホッとしてます。
ずっと便は出なかったからね。


夜は私が横に布団をひいて、付きっ切りで寝てますが、
初日~3日目くらいまでは、ずっと鳴いて寝れてなかったんです。

でも、お部屋の改造をしたり、湯たんぽを活用出来るように設置したら、
昨日の夜は、今日の朝までグッスリと寝てくれるようになりました。

やっぱり寒かったのかな・・・。



とりあえず猫風邪を治すことだけを考えて、里子に出すか、我が子にするか、
その辺は治ってからと思ってましたが・・・

多分きっと、家族になります。うちの。

ちゅりの弟コギを迎えようと準備してた矢先の出来事で、
正直ちょっと迷ったりもしたんですが・・・やっぱりそうなっちゃうみたいです。


名前も付けてあげました。

ちお と りお と同じように、
ひらがなで2文字、アルファベットで”○io”となる名前ということで、
1106-172.jpg
『みお(Mio)』です。
我が家の苗字のM、好きな人からのMをもらって付けました。

あ、書き忘れてたけど、またまた女の子ですよ~。(笑)


みおちゃん、元気になりましたぁ~!
って、皆さんにご報告出来るように、私も一緒に闘います。

どうか元気玉を島根まで届けてくださいー!


新しいちゅり家の一員、みおちゃんをどうぞよろしくお願いしますね。(*´ω`*)



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

| みお | 14:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。